punipuni*HAPPYLIFE*

びしのおきらくでテキトーな
徒然日記です。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お誕生日♪ | main | 二人にとって「特別な日」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
文庫係
和奏さんの幼稚園では、父母会があって、
お母さんたちには、必ず一人一役、係があるんですわ。
昨年はバザーの係になりまして、
ヨーヨー作りをやったりしました。

で、今年はベテラン先生の脅迫・・・お勧めにより
大変な係は次々と決まり、なにもしないでうつむいていたら
残った「文庫係」というものになったのです。

この文庫係ってのは、毎週水曜(木曜のときもあり)に
コドモタチが借りてくる絵本を貸し出す係なのです。
各クラスで3〜4名、係がいるんだけれど、
シフトを組んで、月1,2回、貸出業務にいくわけです。

んで、今日、初めての出番だったわけなんっす。

この文庫係、コドモタチの様子も見れるし、
アタシは結構楽しみにしてたのです。
和奏はバス通園なので、幼稚園での様子はなかなか見る機会もないし、
他のママさんたちとの交流も少ないからねー。

で。
準備をして、我が子のクラスに貸し出しに行きました。
怖いと有名な和奏の担任の先生。
おそるおそる教室を覗いてみると、
なんだか歌をうたっているようで
みんな自分の机の横に立って一生懸命歌ってます。
で、文庫係が来たことに気づいた先生は
コドモタチを着席させ、私たちは中に入りました。

和奏さんは嬉しそうにアタシに手を振りましたが、
我が子に手を振ったりしてはいけないと
係の仕事のマニュアルに書いてあったので、
目配せだけして、配布のお仕事に専念。

名前を呼ばれたら返事をして、図書カードを受取り、
順番に好きな絵本をもってアタシタチの前に並んで
カードに本の名前を書いて、絵本を貸し出すという作業。
みんな、シーンとして名前を呼ばれるのを待っています。
呼ばれたら、オソロシイほどきっちりした「はいっ!」って返事。
和奏もちゃんとやってましたけど、
あまりにみんながキチンとしてるので、コッチも緊張してしまいました。
貸し出しカードを記入してもらうための列も、
ピチッっと整列してて、なんか軍隊みたい・・・。
さすがベテラン先生。そしてさすが年長さん・・・。
あんなにキチキチやらされてるんだーってちょっとビックリ。
ま、きちっとすることはいいことだけどねー。
なんか怖かった。

年中も年少さんまでも、結構みんなちゃんと落ち着いていて、
ほんっと驚いた。
幼稚園ってこんなのだっけ?
もっとがちゃがちゃなイメージなんだけどなぁ。

ま、いっか(いいのかよっ)

とにかく、
仕事は無事終了してホッ・・・でした。

ウチでは、まだまだダラダラの和奏も
ちゃんとやってんだから、それもビックリねー。
まぁ来年一年生になったときのためにしっかり練習させてもらって
いいかもね。

| - | 16:11 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 16:11 | - | - |
comment
comment?









TrackbackURL
http://bishi.jugem.jp/trackback/46
trackback
和奏 といえば
こんなものもありますよ。ぜひお越しください!
| cacchao.net | 2007/06/15 11:14 PM |
和奏 といえば
こんなものもありますよ。ぜひお越しください!
| cacchao.net | 2007/06/18 3:05 PM |