punipuni*HAPPYLIFE*

びしのおきらくでテキトーな
徒然日記です。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
短期水泳教室
今日から和奏さん、短期水泳教室です。
昨年も通ったんだけれど、今年も本人の希望で参加しました。
チアで所属しているスポーツクラブのヤツで、
車で15分くらいのところにある、
温水プールのある幼稚園でやるのです。
昨年は、駐車場の利用が許されていなくて、
近くのスーパーに停めて、帰りに買い物して帰る〜だったんだけれど、
今年は許可が下りて、駐車場を使えるようになったから
ラッキーです♪

階級が、去年の最後のテスト?結果によって
振り分けられるんだけれど、
去年のクラス内でも能力別に3チームに別れていて
その中で真ん中のクラスだったのに、
今年はいきなり、階級が一個上のクラスになったのですよ。
実際は微妙だけれど、けのびが出来る人が行くクラスで、
目標は、「キレイに泳ぐ」なのだ。
泳ぐなんて、まだまだな和奏さん。微妙に心配だったんだけれど、
一日目の今日は
ビート板を使ってばた足で泳ぐ〜から始まったんだけれど、
和奏さん、なんかはりきって、最初の準備のときも
頭までずっぽり浸かる〜もがんばってクリアして、
顔も数秒しか浸けられないのに、
ビート板もって、一生懸命顔つけて、ばたばたと・・・
やってるじゃあないですかっ!!
まぁ・・そうはいっても、3回足をばたばたさせる程度で
すぐ立ち上がっちゃうんだけれど、
1年のブランク・・以上のことをやってるからスゴイ。
(親バカだなアタシ)
まぁ、クラスの中じゃ、下っ端状態ですけれどね・・。
もうクラスで半分くらいの子は、ビート板ナシでもばた足して
プールの半分くらいまで泳いじゃうし。

んでもって、最後には、ビート板ナシで泳ぐ〜ってのを
やらされまして。
さすがにこれは・・・ムリだろうと思ったら
ちょっとビビッて、なかなかスタートしないので、
見かねた先生が、手を持ってくれただけで
なんとかスタートして、
スタートしたと同時に先生は手をはなしちゃったんだけれど
3回ばたばた〜くらいは一人でビート板なしで
泳いで・・・半分おぼれて?いました。

6日間がんばったら
本当にビート板ナシでばた足泳ぎができるのかもしれないと
淡い期待をもってしまう親バカびし。
まだお風呂では、顔に水がかかると異様にいやがる和奏だけに、
がんばってもらいたいですわ。

本人も、ちょっと出来たのがうれしかったらしく、
「見てた?ちゃんと見てた??」って
何度もうれしそうに話してくれて。
楽しく、泳げるようになったらいいねーって。
本人は目指せアリエル!(←リトルマーメイドね。)なので
ま、人魚バリに泳げるように
がんばってほしいですな。うん。

******************
その幼稚園の近くに、川?が流れてて、
水遊びができる場所があるので、
お天気だったらゆずも水遊びできるなーって
おもってたんだけれど、
今日は豪雨。
昨日の落雷で砂嵐になったテレビも、
今日の夕方にやっと復活。
明日はお天気かな?お天気だといいなー。

| こどもたち | 01:12 | comments(0) | trackbacks(82) |
夏祭り
土曜日(21日)に行われるはずだった夏祭りが
なぜか早々に延期になって、
(結局雨は降らなかった)
日曜日に行われました。
日曜は午前中は雨だったから、どーなることやらと
思ってたんだけど、午後からは晴れてものすごく暑い。
とうとう梅雨明け?みたいな感じでした。

浴衣を着て(ゆずは甚平)
下駄・・・っと思ったら
サイズが16?すごくちっさい。
年少さんのときに買ったヤツだから
そりゃそうなんだけれど、
昨年はコレで行ったはずなんだよねー。
でもさすがにダイエットスリッパ状態なので
サンダルで行きました。
歩いて幼稚園まで行くし、ちょうどよかったのかも。
大きいのも用意しないとなー。

幼稚園の夏祭りは、昨年よりもちょっと縮小?された感じで
お店も少なくなってたけれど
かき氷を食べたり、ポップコーンを食べたり
近くのケーキ屋さんのシフォンケーキを食べたり
って食べてばっかり。

っていうか、ゲームとかないのよ。
かろうじてヨーヨーがあるんだけれど、
今年は釣らないで、好きなのもってってーって。
全然楽しくないの。
二人もキョトンとしてたけど
とりあえず、さんざんまよって好きなヨーヨーを戴きました。

盆踊りがあって、
アイスのプレゼントがあって(また食べてる)
また踊って〜
暗くなってきた頃に
「花火大会」

昨年は、花火大会が始まったと同時に号泣し、
お父さんに抱っこしてもらって園の外まで
退避した和奏さん。
本人ももうわかっているので
「そろそろ花火の準備をしまーす」という先生の声と同時に
帰ろうコール。

ま、出席も取ったし、
あとは自由だから
花火大会前に退散。

夏祭りの醍醐味なのになー。花火。

あまりにもつまんないので、
出店でかった花火セットをウチの駐車場でヒッソリ四人で楽しみました。

おっきい花火・・・みたいなぁ。
花火大会とかいきたいなー。
ゆずは全然平気なのに・・・不思議な子だわ。

先週は近くの小学校の夏祭りで、コレは雨で体育館内で
やったのにちょっと参加。
んで、幼稚園のがあって
来週は自治会のお祭り。お祭りシーズンです♪
(自治会のも花火があるけれど、コレはウチのベランダから
見えるはずなので、楽しめそうです)
| こどもたち | 11:31 | comments(8) | trackbacks(0) |
あやうく・・・
7月、いっこも書かないで終わるところだった・・・。

ついつい、謀SNSの方と、ジャニヲタの方ばかり更新して
こっちを放置しちゃっていました。

ま、見てる人も少ないだろーから
いいんだけどさ。
だったら閉鎖しちゃえばいいのかもーなんだけどぉ。
それすら面倒だったり(オイオイ)


んで、これまでの間にはいっぱい色々
書きたいことはあっったんですけど、
さすがに・・もう忘れたので。

ふつーに、
何事もなかったように
今日の出来事を書いてリスタートしま〜す。

***********************

今日は、和奏さん、お泊まり保育なんですっ!!
ええ、幼稚園に泊まるのです。

ずいぶん前に持ち物などのプリントは配られていたのに、
さらーっと目を通した程度で
前日夜に準備するためにしっかりと読んだプリント。

「三角巾」・・・・んなもんねーぞコラ。
仕方ない、バンダナを三角に折って、
三角巾だと言い張ろう。そうしよう。

「シャワー後の体を拭くためのスポーツタオル」

ええ?バスタオルじゃダメなの?
でも・・・
うちの子、横幅あるから、バスタオルにしちゃお♪

「就寝用にバスタオル一枚。」

ええ??
寝る時はタオルケットとかじゃないの?バスタオル??
うちの子、横幅あるから、小さめのタオルケットにしちゃお。

ってカバンにはいるわけねーーーーーーーーーー!!

一番焦ったのは、
「昼食はお弁当。お弁当箱は捨ててもイイものにしてください」

なんだよーーー昼飯でないのかよーー。
しかも捨ててもイイお弁当箱なんて・・・ってキッチンを探し回ること数分。
なんとか和奏のお弁当にならちょうどイイ大きさのプラカップ?を発見。
ホッ。

「替えのパンツ、シャツ、園指定の靴下一組」

ん?
このシャツって何??
制服のポロシャツのこと??
それともTシャツ?
着替えのパンツ〜つながりでいくと、肌着???

悩んで、知ってるママ友にメールを送ったけれど
結論は出ず、
結局近所の先輩ママさんに相談。
「肌着」ってことで決着。ふぅ・・・。


準備はギリギリにしないほうがイイね。うん。
今更学習したよ。


んでもって今日。
寒い。結構寒い。
案の定、プールの準備も持っていく予定だったんだけれど
プールは中止。
でも雨は降ってないから、キャンプファイアーとか、花火とかはできるかな。

和奏はお泊まり保育を心待ちにしていて、
ま、一人じゃないし、多分平気。
(コレがゆずだったら、結構心配)

笑顔でバスに乗って行きました。


お昼過ぎと、夕方と先ほど幼稚園からのお知らせメールが入り、
お泊まり保育の様子をお知らせしてくれました。

登園してから、夕飯のカレーの野菜をみんなで切って、
その後、昼食をとり、体育館でビデオ鑑賞(←プールがなくなったからね)
んで、その後おやつにアイスを食べ(さむっ)
各クラスで「スライム作り」をしたそーな。
うわさによると、このスライム、持って帰ってくるらしい。(いらねーーーっ)

んで、みんなで作ったカレーを食べ、
その後キャンプファイヤーをやったそうです。

シャワーはどうしたんだろうか。
寒いからねぇ。
しかも布団はタオルケットだし。

ま、その辺は明日朝には帰ってくるので
帰宅後聞くことにしましょう。

優純さんは・・・
お姉ちゃんが帰ってこないので、
ピンキーキャッチュもドリームコレットも同時に持てるので
午前中は一人で勇ましくプリキュア5ごっこをして
はっちゃけていましたが、
段々つまらなくなってきて
ビデオでポケモンをみながら、お昼寝。2時間も。

んで、お買い物に行った帰りに
近所のお友だちが外で遊んでいたので合流。
ママたちのおしゃべりも弾んで、夜の7時半まで外で遊んでいました。

夕食の支度もなにもしてなかったので、適当にあるもので
夕食を済ませ、お風呂にはいろうかなーと思ったら
「ゆっちゃん、お風呂に入らないで一人で寝るっ!」と
なぜか半ギレでパジャマに着替え、一人布団に入って寝てしまいました。

やっぱお姉ちゃんいないと寂しいのねーん。
いたらいたで、ケンカが絶えないんだけれど。

和奏が居ないだけで、すごく不思議な感じ。
夕食にしろ、今にしても、
ゆずしかいないってのは初体験なので、
なんかヘンな感じ。

明日は9時過ぎにはもう帰ってきちゃうんだけれど。
なんなら、昼過ぎくらいまで保育してくれたらいいのに・・・
(でも先生方は徹夜らしいから、そりゃカワイソウだけど)

なんか、こっそり見に行きたい感じ。
隠しカメラとか置いてほしいわー。
そしてリアルにwebで放送とかしてほしい。


ってなんだかんだ、和奏が一人いないだけで
結構寂しい感じになってしまうびしでした。


| つぶやき | 21:55 | comments(5) | trackbacks(0) |
二人にとって「特別な日」
6月16日土曜日。
前日に梅雨入り発表した関東地方。なのに
オドロキの快晴。っていうか夏?みたいな日。
アタシと和奏にとっては、大切な日です。

ま、ご存じでしょうけど、
KAT-TUNのコンサートに行ったのです。
和奏さんは、ライブDVDを見て、コンサートに行きたいと
言い出してから早一年ちょっと。
その間にKAT-TUNはCDデビューし、
新しくNEWSと関ジャニ∞と合同のファンクラブを設立。
コンサートに行くには、ファンクラブに入らなければ
なかなかチケットがとれないだろうと
ファンクラブに入会。
でもその後、コンサートどころか赤西仁が渡米しちゃって
5人での活動。
和奏さんは仁が好きなので、
仁がいない状態でのコンサートツアーの発表と
申込があったので、どうしようかホントに迷った。
でも仁がいなくてもたっちゃんがいればイイと、
コンサートに絶対行きたいという希望で、
東京ドーム公演を申し込んだわけですよ。
ま、アタシはソレ以外に追加公演もこっそり申し込んだのですが・・。

そして待つこと数ヶ月。
とうとうこの日がやってきたのです。
アタシは数日前からの風邪が尾を引いていて、
イマイチな状態だったのですが、
こんな日に寝込んでいる場合じゃあないし、
もう当日はすっかり忘れ、元気ハツラツ・・とまでは
いかなくても、時々咳き込みつつも行ったわけですよ。

コンサートの詳しい事やレポは
もし見たいという奇特な方がいらっしゃるなら
こちら↓からどうぞ
 爆走!妄想族 (ジャニヲタなブログですので)

二人でめいっぱい楽しんで、
夢の三時間を過ごしたわけです。
途中、和奏さん、寝ちゃったりしましたけど( ̄m ̄〃)ぷぷっ

帰り道で、楽しかったね〜と談笑していたら
和奏さん

「おかーさんと今日一日、二人でいたのがたのしかった。
 いつもゆっちゃんと三人だったり、お父さんと四人だったりだけど
 今日はお母さんと二人だけだったから、すごいよかった。」


と、うれしそうにアタシにまとわりつきながら言ったんです。

アタシ、公共の面前でしたけど、号泣しそうになりました。
(実際はウルっとして、タオルで抑えてごまかしましたが)

和奏さんは、小さいころから、そんなにアタシにべったり〜な子ではなく、
寧ろ、アタシがいなくても数時間は平気だったり、
他の優しい人の方に行ってしまう子で、
後追いもなく、人見知りもなく、今ではお父さん大好きで
お父さんがいたら、お父さんにひっついて離れない子なんです。
だから、すごく意外な言葉だったし、
それ以上に、お姉ちゃんになったその日から、
アタシと二人っきりの生活はなくなり、どこに行くにもゆずが一緒だったんです。
当たり前なんですけど、当然なんですけど、
そんなことを考えたら
和奏がアタシと二人っきりででかけたことを喜んでくれてるのが
すごくうれしくて・・そしてこういう時間って大切だなーって
実感したんです。

たまには、二人で・・・
そういうのを大切にしなくちゃだなーって。
ゆずがどうこうっていうのではなくて、
お姉ちゃんだからとガマンさせていたことや
当然なことでも、
そういう気持ちをわすれずに
一人一人を見てあげなくちゃって思いました。

なんだか、何書いてるのか、何がいいたいのかわかんない文になっちゃったけど

和奏・・お母さんも和奏と二人で行けて楽しかったよ。
また、二人で行こうね。
途中寝ちゃったり、仁が来てくれないって怒ったりしてたけど
楽しかったね。
それよりなにより、今度また二人だけでどこかへ行こうね。
お母さんと二人っきりで一緒にでかけることを「うれしい」って言ってくれてありがとう。
| こどもたち | 13:51 | comments(2) | trackbacks(21) |
文庫係
和奏さんの幼稚園では、父母会があって、
お母さんたちには、必ず一人一役、係があるんですわ。
昨年はバザーの係になりまして、
ヨーヨー作りをやったりしました。

で、今年はベテラン先生の脅迫・・・お勧めにより
大変な係は次々と決まり、なにもしないでうつむいていたら
残った「文庫係」というものになったのです。

この文庫係ってのは、毎週水曜(木曜のときもあり)に
コドモタチが借りてくる絵本を貸し出す係なのです。
各クラスで3〜4名、係がいるんだけれど、
シフトを組んで、月1,2回、貸出業務にいくわけです。

んで、今日、初めての出番だったわけなんっす。

この文庫係、コドモタチの様子も見れるし、
アタシは結構楽しみにしてたのです。
和奏はバス通園なので、幼稚園での様子はなかなか見る機会もないし、
他のママさんたちとの交流も少ないからねー。

で。
準備をして、我が子のクラスに貸し出しに行きました。
怖いと有名な和奏の担任の先生。
おそるおそる教室を覗いてみると、
なんだか歌をうたっているようで
みんな自分の机の横に立って一生懸命歌ってます。
で、文庫係が来たことに気づいた先生は
コドモタチを着席させ、私たちは中に入りました。

和奏さんは嬉しそうにアタシに手を振りましたが、
我が子に手を振ったりしてはいけないと
係の仕事のマニュアルに書いてあったので、
目配せだけして、配布のお仕事に専念。

名前を呼ばれたら返事をして、図書カードを受取り、
順番に好きな絵本をもってアタシタチの前に並んで
カードに本の名前を書いて、絵本を貸し出すという作業。
みんな、シーンとして名前を呼ばれるのを待っています。
呼ばれたら、オソロシイほどきっちりした「はいっ!」って返事。
和奏もちゃんとやってましたけど、
あまりにみんながキチンとしてるので、コッチも緊張してしまいました。
貸し出しカードを記入してもらうための列も、
ピチッっと整列してて、なんか軍隊みたい・・・。
さすがベテラン先生。そしてさすが年長さん・・・。
あんなにキチキチやらされてるんだーってちょっとビックリ。
ま、きちっとすることはいいことだけどねー。
なんか怖かった。

年中も年少さんまでも、結構みんなちゃんと落ち着いていて、
ほんっと驚いた。
幼稚園ってこんなのだっけ?
もっとがちゃがちゃなイメージなんだけどなぁ。

ま、いっか(いいのかよっ)

とにかく、
仕事は無事終了してホッ・・・でした。

ウチでは、まだまだダラダラの和奏も
ちゃんとやってんだから、それもビックリねー。
まぁ来年一年生になったときのためにしっかり練習させてもらって
いいかもね。

| - | 16:11 | comments(0) | trackbacks(2) |
お誕生日♪
6月8日に次女優純さん、4歳の誕生日を迎えました。



が、金曜日は横浜にお買い物に出掛け、
その後、お姉ちゃんが幼稚園から帰って来るなり
お友だちとそのまま外で遊んでしまい、
夕食も簡単にできるものになってしまい、
予約したケーキだけでのお祝いになってしまいました。
ま、それでも本人は充分ご満悦だったんだけれど。

プレゼントも、先週のお休みの日にはいろいろあって買いにいけなかったので
今日になったのです。

ゆずみさんは、まだ目に見えたものが「ほしい」に繋がる感じで、
わかなさんのように、前々からコレがほしい〜というような
要望などもほとんどないわけです。
でも今回は前から「パズル」がほしいと言っていて、
ばぁばから何がほしいか聞かれたときに「パズル」を
お願いしていたので、ソレ以外のものでほしいものを
聞いても、なかなか出てこない・・というか
何でもいい感じ?

そこで、和奏さん登場です。
和奏さんはドリームコレットと通信できる
ピンキーキャッチュ?とかいう、腕にはめるタイプの
プリキュア変身道具?がほしいのです。
それをどーしてもゆずがもらってくれたら、
自分も遊べるという魂胆なわけですよ。

食玩のおまけのピンキーキャッチュで充分満足な
ゆずみさんを、かなり説得。
トイザらスにいったら、現物があるので
それをみせて、
「ほら、ココがひかるんだよ」
「テレビのみたいに、振ったら変わるんだよ」
とか必死に説明。

あっさりと「コレがいい」とゆずみさん。
今回は、両親からと、おじいちゃん&おばあちゃん(義父母)から
二つあるので、
一つはピンキーキャッチュ。
それからもう一つ・・・を探すのが長かった。
目についた、プール(巨大なやつ)を指さし
「これがいいー」
巨大な犬のぬいぐるみを見つけ
「これにするー」

巨大好きだなオイ。

結局らちがあかないので、
無難にいつも遊んでいるシルバニアシリーズの
手軽な感じのセットにしました。



残念ながらピンキーキャッチュはこれまた売り切れで
来週末まで入らないとのことなので、
後日・・ということになって
和奏さんがものすごーーーく残念がってましたが。

今度の木曜にはばぁば(実母)が、念願のパズルを持って
遊びに来てくれる予定です。

***************************
2,3日前から、
コドモタチの風邪がうつったのか、
アタシは頭痛と、喉の痛みにやられ、
昨日はちょっとダウンしたりしてました。
市販の風邪薬でなんとかもちこしたんだけれど、
今度はくしゃみと鼻水がとまりません。
今更花粉症か?と思うほどです。
幸い、熱はないっぽいから(計ってないけど)
なんとかがんばってますけど・・・。
結構辛いです。
でも仕事もあるし、いっぱい見てないテレビも
溜まってるしで・・・
今日も夜更かし決定ですな。
明日起きられるかな・・・・。




| こどもたち | 23:10 | comments(2) | trackbacks(1) |
ごっそりっ!
数日前から、夜中に咳き込む二人。
そしてかなりの鼻づまり。
熱もないし、食欲もあるし、
昼間は元気なので、様子をみてたんだけれど、
やっぱり咳き込んだり鼻づまりって
寝苦しくて、ちょこちょこ起きちゃって
かわいそうなので、
お薬をいただきにかかりつけの小児科に
いってまいりました。

喉の赤みなどもさほどではなく、
症状じたいもたいしたことはないんだけれど、
気管を拡げたり、タンを切るお薬を出してくださいました。

診察中、
喉をあーんと見て、
耳の中も必ず見る先生なんだけれど、
いつも本人に「耳をみてもいいかな?」って
聞いてくれるのね。
んで、和奏は耳を見られるのが怖くて
いままで「ヤダ」と即拒否で
「じゃあいいよー」って
先生もいつも見ないで、胸の音と、
喉の様子だけにしてくれていたんだけれど、
今回は、なぜか「いいよ」と耳を見せた和奏。

「ちょっとつまっているからとってもいいかな。」

と先生。
この前(っつってもかなーり前)に
ものすごいのが出たんだけど、片方だけだったし
また溜まっているのかもって思って
「とってもらいなー」と言ったら
恐怖がよみがえったのか、俄然拒否。
絶対イヤだと泣きわめく。
先生も、こまった様子で、おだやかに
「でも、みえちゃっったから、とっておいたほうが
いいと思うんだよーせんせいは。どーかな、ダメかな?」
と至って優しい口調。
それにちょっと安心感が芽生えたのか
小さい声で「いいよぉ」と
すかさずアタシは体を押さえ、看護婦さんが頭を抑え
とってもらったら・・・・

この前アタシがほじくりだしたヤツの2倍はあるかと思われる
ものすごーいのが出てきた。
すごく固くはりついていたのか、出すときにやっぱり
相当痛かったようで、さらに号泣の和奏。
でもこうなったら片方じゃもったいないと
もう一方も強制的に押さえつけ、取ってもらったら
コッチはきっとアタシが取った方らしく、
さっきのとは比じゃないちっちゃいのがとれてました。

和奏さんは号泣で、カワイソウだったけれど、
これは、ほんとコルク栓以外の何者でもない。
耳が聞こえてたかどうか、疑うほどだ。

それを見ていた優純さん。
「ゆっちゃんは大丈夫。お耳掃除もしてもらう」と
意気揚々に先生に耳を出してみてもらいましたが、
コッチは前の診察のときにちょこちょこと
掃除してもらったりしてたので、
キレイなもんで、結局掃除はしなかった。
「ゆっちゃん、だいじょうぶなのに」と
ちょっとガッカリしてた・・・。

結局、和奏の耳掃除がメインな感じになりましたが、
お薬をいただいて、無事終了。
早くよくなるといいんだけれど。

あんなに詰まってても
大きな音が苦手な和奏。
スッキリ栓が抜けてしまって
大音量のコンサート、大丈夫かしら・・・。
| こどもたち | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
大切なおともだち。
ゆずに、新しいお友だちができました。

毎週木曜、通っている親子体操の教室で、
同じ年の女の子のママさんが声をかけてくださって、
なんと、その女の子の名前が「わかなちゃん」
漢字も近いっ。一字違いなのだ。

内弁慶炸裂だった、親子体操でのゆずも、
わかなちゃんとぺったりくっついて、
気づいたら手なんてつないじゃったりして
一緒に楽しむようになりました。

そのわかなちゃんも、小学校1年生のお姉ちゃんがいて、
いつもそのお姉ちゃんや大きいお友だちとしか遊ばないので
同年代のお友だちがいないうえに、かなり引っ込み思案だと
いうらしい。
似た境遇だし、なんだか気があったのか、
今までに見たことのない、積極的に近づいていくゆずを見ることが
できるようになったよ。

体操が終わっても、家の方向が逆なので、
センターの前でお別れなんだけれど、
なかなか別れたくなくて、
お互い涙のお別れになったりして。
なんだかそんなことなんだけれど、
うれしいアタシでした。

アタシも近隣や幼稚園ママ友以外にお友だちができて
うれしいのだ。今度はお姉ちゃん達も交えて一緒に遊ぼうって
企画もたてたりしているのだ。( *´艸`)ムフ

**************************

和奏待望のKAT−TUNのコンサートまであと2週間。
(アタシは明日、お友だちと行っちゃうんだけれど)
急に便せんを持ち出し、二人でコソコソとなにか書いていると
思ったら

ファンレター ( ̄m ̄〃)ぷぷっ

「仁ちゃんのおうち、知ってる?ポストに入れたら届く?」って
持ってきたので、
送りましょう。ええ。小さな可愛いお手紙。
ファンレターとかってどれくらい届くんだろーか。
今なんて、あんまり手紙とか出さないよね。
でも結構毎日もらうのかなー。

コレは和奏さん作。


見にくいけれど、
「こんにちは●●●わかなです。じんちゃんだいすきです。こんさーといきますよ。」
と書いてあります。
そして、仁ちゃんと和奏がピースし合っているのを見てる亀ちゃんの図が
書かれています。


コレは優純さん作


なぜ裏に・・・
オモテには、なんだかよくわからない図と象形文字(本人はなんか書いたつもり)が。

コレは KAT−TUNの皆さん だそうです。
一応、てるてるぼうずみたいのが6人います。(ホッ)

本人は、どれが誰だか、ちゃんと分かって書いてるそうで、
何度聞いても同じ順番で答えます。
途中を指さしても、最初にいった順に並んでると思われます。
アタシには区別、まったくつきませんが。

コレ、送るの?

ええ。送りますとも。
( ̄m ̄〃)ぷぷっ


そんなアタシは明日、
いよいよ、初おデイトです。
とんでもなく遠くからのおデイトですけど。
肉眼で・・・みえるかしら。(たぶんムリ)
でも、とっても会いたかったお友だちに会えるので
それが楽しみでしょうがないのです♪

楽しんできまーす。



| こどもたち | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドリームコロッケ?
放置しすぎですね。あい、とぅいまてーん。
(反省の色ナシだな。)

和奏さんがばぁばにお願いしていた誕生日プレゼントの品が
昨日やっと届きました。

プリキュア5のドリームコレット

コレ、今大人気なようで、トイザらスでも売り切れ。
入荷予定もわからないとのこと。
ネットショップもすっかり売り切れ続出で
オークンションではあり得ない額になってたり。

ちょっとほとぼりが冷めてから〜と
先週あたりにオークションを覗いたりしていたら
本体にケースをつけたら定価より安く買える〜というのを
発見し、速攻買ったわけですよ。
んで昨日届いたわけです。

ばぁばに電話でお願いしたときに
「プリキュアのドリームコレットがほしいの」と言う和奏に
ばぁばは
「え?なに?プリキュアのドリームコロッケ??」
さんざん「コロッケ」と聞き間違えていたので
和奏さん、心配だったわけですよ。
だから、最初に「ばぁばからプレゼント届いてるよー」と
包みを見せたら

「ど・・・どうしよう。ばぁば、おっちょこちょいだからコロッケ入ってたら・・・・」と青ざめてまして。

ま、買ったのはアタシですから(お金はいただいちゃいましたが)
んなことないっって突っ込みたかったんですが
ばぁばの名誉のためにも間違えず買っているところを
わからせようと、そのまま渡しました
いつもなら、そんな包みはビリビリに破いて
早く中を見たい〜ってかんじなのに
妙に慎重に、丁寧に扱ってる(中がコロッケだった場合のためにね)

んで、無事商品がでてきたときは
感激しまくってました。

お礼の電話をしたときに
「ありがとう。ちゃんとかえたねー。コロッケとまちがえなかったね」
なぜか紊ら目線だったのにばぁばは「?」でしたけど。

最近のおもちゃってすごいのねー。
カードをスキャンしたり、
タッチペンで操作したり、ゲームが付いてたり
メモリー機能までついてる。
そんなおもちゃが対象年齢5歳以上。
しかも取り説を熟読してるアタシの横で、
あっさり色々できちゃってる娘に驚愕。

アカチャンのおもちゃに携帯があるように
時代なんでしょうね。
すごいわ。ほんと。

もうすぐ優純さんがお誕生日。
ばぁばに何がほしいか聞かれて
「アンパンマンのパズルー」っていってる
まだまだ可愛いおチビちゃん。
和奏は、コレットと通信できる「ピンキーキャッチュ」とかいう
やっぱりプリキュアの腕につける変身道具?みたいなのも
ほしいから、それをゆずのプレゼントにさせようと
一生懸命ゆずに説明してましたが
イマイチ興味がわかないゆずは
「ゆっちゃんはパズルがほしいーのぉ」と逆ギレ。
お姉ちゃんの思惑通りは、簡単にはいかないようですわ。

そんなこんなで
一ヶ月以上遅れたけれど
念願のプレゼントをゲットして
ご満悦でした。


あ・・・あたしのDSは・・・・??
(昨年の誕生日に希望して以来、却下され続けているDS・・・ほしい・・)
| こどもたち | 10:22 | comments(4) | trackbacks(1) |
内弁慶だったの?
昨日、近所のスポーツセンターでやっている
「親子体操」に初参加。
3〜4歳児対象の教室なので
幼稚園にいってないゆずのために申し込んでおいたのですわ。
アタシの運動不足解消にもなるだろうと・・・。

3歳児が多いかなーと思っていたら
意外にも今年4歳になるお友だちもたくさんいて、
和奏と去年同じクラスだったお友だちの弟くんもいて、
アタシは知ってる顔がいてホッと一安心だったんだけど
問題は優純さん。

優純さんは、前にもちょっと書いた気がするけれど
周りにいて遊んだりするのはお姉ちゃんとその友達。
自分より年上の子が多いわけですよ。
当然、優しくしてもらったりするのが当たり前の環境にいるわけで。
優先してもらったり、おまけしてもらったり〜ってのが
当然って感じになっちゃってたんですよね。
同年代の子と遊んだ経験があまりないせいか、
自分と同じくらいの子がいっぱいいる教室に
まず後ずさり。
アタシの足から離れようとしない。

先生は大丈夫で、やさしく声掛けてもらえるし。
あっという間に先生にはなついてた。

途中、コドモタチだけ集まって手遊びをしている間に
ママたちが、跳び箱やらマットやらをセッティングする時間があって
同じ体育館の中だし、平気だと思いこんでいたら
目にいっぱい涙をためて
「おかーさんと一緒にいるっ」って・・・。
オイオイ・・・すぐ横でマット引っ張り出してるの見えるだろうに・・。

お友だちとジャンケンしてトンネルくぐりっこする時も
お友だちのママさんのトンネルは平気でくぐるのに、
お友だちのトンネルには近づかない。
アタシの手をひっぱり
「おかーさんと一緒にいくっ」

教室自体はとっても楽しかったようで
「またいこうね♪」とルンルンでしたが
どうもお友だちと関わるのは苦手な模様。
コレ、今年の四月から年少さんで幼稚園いってたら
確実に泣いてたな。

和奏がまったくもって正反対な子だったから
余計にビックリよ。
姉妹でもこーも違うかなーって。
ま、二人目だからってのもあるんだろうけど。
いかんなー。

思い返せば、和奏はアタシにくっつくようなことは
あまりなくて、転んだときでも、近くで
「大丈夫?」って声かけてくれたヒトの所に
泣きついていったりするし、
アカチャンの頃も、1時間くらいは平気で一人で
遊んでいて、アタシの姿が見えなくても泣くこともなく〜
後追いなんて、してもくれなかったのに
ゆずは後追い炸裂だったし、
お父さんもイヤ。じいじ、ばぁばもイヤ。おねーちゃんもイヤ
おかーさんじゃなきゃダメってことがたくさんあったし。
未だに夜中に起きたらびしおじゃ逆ギレするくらいだし。

いかんなー。

来年、幼稚園に入るころには、
もっと上手にコミュニケーションとれるように
公園とか、教室とか、がんばってアタシが声かけて
いかなくちゃダメだなー。
でも実はアタシも苦手なのだ。
人見知りだし(えっ?とか突っ込むなっ!ソコ!)

家や知ってるお友だちの前じゃ
自己中全開でみんなを振り回しているのにねー。
困ったもんだ。


| こどもたち | 13:52 | comments(4) | trackbacks(0) |